おはよう応援 グリナ 目覚め 自律神経 快眠

サイトマップ

自律神経のバランスで快眠へ

最近、新型認知症が話題になっている。

これはいわゆる認知症とは異なり、うつ病が起因するもので、悪化していくと本当に認知症になってしまう場合もある。この原因は前頭葉の血流が悪くなることにあり、通常は便秘や肩こりから始まり、食欲不振や不眠症になるケースも有る。きっかけはストレスの場合が多く、これを溜らないようにするのが近道となる。実はもっとも慢性不眠が多いのはお年寄りです。
その症状とは、若いころをイメージしてしまいがちで、朝までたっぷり眠って一度も目が覚めないように、しかし、実際には6時間位で目が覚めてしまい、不幸な不眠症だと思い込む。



実のところは充分睡眠できているのに、本人は辛い不眠症なのです。

不眠症は一般的に小児期や青年期に起こることは殆ど無く、20〜30代から発症する人が出初めます。


そして中年以降で急速に増加して、40〜50代でピークを迎えます。


国民の5人に一人は「睡眠で休養が取れていない」「不眠症状がある」と訴え、悩んでいるそうです。

一般的な人は、レム睡眠とノンレム睡眠(非レム睡眠、徐波睡眠ともいいます)を1.5時間位をワンサイクルとして。


眠っている間に数回繰り返しています。



レム睡眠で体力を回復し、ノンレム睡眠(非レム睡眠、徐波睡眠ともいいます)で脳を休めます。

ノンレム睡眠(非レム睡眠、徐波睡眠ともいいます)が少ない場合には、どんなに長時間寝ても、寝不足になってしまいます。

おはよう応援のグリナ

近年の学術的な研究では、レム毎日の睡眠やノンレム睡眠(非レム毎日の睡眠、徐波睡眠ともいいます)と、アルツハイマー病やうつ病、パニック症などとの相関があるといわれています。難しい話は抜きにして簡単に説明すると、レム睡眠(浅い眠り)が長くなると、予想に反して脳波が強まり、うつ病やパニック障害、不眠症などの病気が改善する期待が持てるのだそうです。

あなたがたは、不眠症になったことはありますか?先々週くらいだったかな?勉強をしすぎたせいなのか、ちょっと疲れ立と思ってぱっぱと布団に入って寝ようと思いましたが、なかなか寝つくことができませんでした。


ネムイ(´・ωゞ)慢性不眠と言うのは大きいくくりなのですがいろいろあるそうで、私は知らなかったのですが、最も多いのが、早朝覚醒、熟眠障害、入眠障害や中途覚醒があります。
日本人(出身県によって様々な個性があるものです)の健康度調査によれば、成人の約5人に1人が不眠を訴え、約15%の人が昼間の眠さに悩み、5%以上の人々が、寝酒や睡眠薬に頼っている慢性的な不眠症と言います。


自律神経を整えると血流が良くなり、ぐっすり眠ることが可能な為す。


そのためには副交感神経(コリン作用性神経とも呼ばれ、アセチルコリンという神経伝達物質を放出します)のバランス取りが重要になります。落ち着いた音楽でリラックスした環境をつくり出したり、首タオルで脳の血流を改善したり、腸内環境の悪化を食い止めたり、ゆっくり息を吸ってゆっくり吐き出したり、少しずつ積み重ねることで、睡眠障害が改善されて、快適な睡眠が得られるようになります。

「おはよう応援のグリナ!不眠症改善に味の素のグリナが500円から」について

グリナでおはよう応援!500円から不眠症を改善!
私自身もグリナで不眠症を改善しました!
味の素が提供するグリナはグリシンを主に不眠症を改善。お得な購入方法からその効果・口コミまで。

FX業者