おはよう応援 グリナ 体内時計

サイトマップ

体内時計は成長とともにできあがる

「体内時計は成長とともにできあがる」

赤ん坊は、まだ体内時計ができあがっていません。

睡眠の時間も、1日のなかで何度も寝たり起きたりと、決まっていません。

それが、脳が発達して、視交叉上核も発達してくるにしたがって、リズムができてきます。


「朝型と夜型」

朝型の人、夜型の人というのがありますが、これはある程度、産まれついての部分があります。


しかし、生物にはフレキシビリティ(柔軟性)がありますので、生まれついてのリズムとずれても、きちんと生活できるように調節されます。


睡眠時間の長短を変えることはできませんが、夜型の人が仕事のために朝型の生活リズムにするということは可能です。


ただ、、夜型の人が無理に朝型にすることで昼間のパフォーマンスが上がるかといえば、そういうわけではないようです。

恒常性維持機能とは?


睡眠は、視交叉上核による概日リズム調節と、もうひとつ、恒常性維持機能による調節を受けています。


恒常性維持機能とは、脳幹や間脳などが関係しているのもので、24時間周期とは関係なく、徹夜したり長時間起きたりしていると眠たくなる、という現象をもたらす機能です。


一方、昼間眠ろうとしても眠れなかったり、昼間にあまり活動しなくても夜に眠くなるには、概日リズムによる調節が行われているからです。


この概日リズムと恒常性維持機能という2つの異なったメカニズムが睡眠の調節を行っています。

これらのメカニズムが相互に関係しながら、睡眠と覚醒のサイクルを作り出し、夜間の睡眠をもたらすとともに、日中にはしっかりとした覚醒状態を保ってくれます。





PHP研究所
ぐっすり眠って、すっきり起きる!
快眠ハンドブック
梶村 尚史著
P101〜103より引用

「おはよう応援のグリナ!不眠症改善に味の素のグリナが500円から」について

グリナでおはよう応援!500円から不眠症を改善!
私自身もグリナで不眠症を改善しました!
味の素が提供するグリナはグリシンを主に不眠症を改善。お得な購入方法からその効果・口コミまで。

FX業者